名刺交換

就職活動用に名刺を用意しても、実際の面接の場で、名刺交換出来ないと意味がありません。名刺交換を行ったことがない学生ならば、事前に練習しておくと、スムーズに交換が行えるかもしれません。

名刺交換名刺交換通常相手と出会った最初に行い、基本は両者が立ったまま行うので、面接会場で椅子に座っていたとしても、一度立ち上がり、担当者の方に向かい、名刺を差し出しましょう。そのときには、一言何々大学の何々です、という感じに所属大学と自分の名前を最初に申し出ます。ビジネスの場ではないので、採用担当者は、名刺を受け取るだけで、交換はしてくれないかもしれません。そのような場合は、名刺を一枚いただけないでしょうか?とお伺いしてみましょう。それでも断られたならば、無理せず諦めます。あまりしつこいと印象を悪くするので、一度申し出て断られたら、すぐ諦めましょう。

もしも名刺をもらったならば、すぐに名刺入れにしまうようなことはしません。席に着席し、テーブルがあればテーブルの上に置き、帰るときに頂戴しますと言いしまいます。テーブルがなければ両手で持ち、手を使う必要がある時に、頂戴しますと言いしまいます。名刺は名札代わりにもなるので、もらったらすぐしまわず、名刺を見て相手の名前を覚えましょう。